気になる備忘録

VPSやWordPressの設定記録、ゲームや趣味から時事評論まで気になる事を書き残す

VPS関連

Postfixでのメール転送設定をしてみた

icon_2y_192

投稿日:

今回の内容は、 「aliasesって便利そう」 からの続きになります。

VPSを借りてドメインを取得したということは、メールアドレスを無限に作成できるということになります。
しかし、実際作成しようと思った所 メールアドレスのユーザー名=サーバー内のユーザー なので、安易にユーザーを作成するとパスワードの管理が大変になってきます。

更に、メールの閲覧は完全webメールで対応する予定なので 数が増えるとwebメールへのログイン作業も面倒なことになります。

そこで、メールの転送を利用してみる。

スポンサードリンク

メール転送の利点

1.実ユーザーの作成が不要

外部へ公表するメールアドレスは、いわば仮のユーザーなので サーバー内にユーザーとして作成する必要はありません。
その為、ログイン作業やパスワードの管理から開放されます。

2.実在するメールアドレスを隠蔽できる

転送設定したメールアドレスだけを使用すれば、実在するメールアドレスは知られる事はないので 実メールアドレスがスパムメールの対象になる事を避けられる。

3.ユーザー名の追加・削除が容易

設定ファイルに入力するだけで良いので、ユーザーの追加・削除が容易。
迷惑メールが来るようなら即削除!

4.外部のメールアドレスへの転送設定も可能

契約してるISPのメールアドレスや、gmailへの転送も可能なので 重要なメールはコピーの保存をしたり、早急な対応が必要になりそうなメールはgmailへも転送してスマホで通知を受け取る事も可能。

転送メールの設定方法

メールの転送はエイリアスファイルユーザー名転送先のメールアドレスを記載することで可能となります。

エイリアスファイルへ設定

エイリアスファイル( aliases ) は通常 /etc/aliases に存在しています。

Postfix の設定によっては別の場所に設定されている場合もあるので、/etc/aliases が無い場合は、Postfixの設定ファイル「main.cf」 を開き 「alias_maps」 パラメーターを確認すれば在りかが判ります。

転送設定の記述方法:

上記の場合
kariuser 宛てに届いたメールを webmastertest02 に転送します。
さらに test02 へ届いたメールを user@hoge.com へ転送します。

よって、最終的にメールが残ってるのは webmaster と user@hoge.com です。
test02には何もも残らない事に注意)
kariuser と test02 は実在しないユーザーでも可)

 

test02にもメールを残す場合は以下のように ユーザー名の前に 「\」(バックスラッシュ) を付けて記述します。

注意!
転送ループが発生しないよう注意。
この場合は、test02が実在するユーザーである必要があります。

 

aliasesファイルをデーターベース化する

Postfixが実際に利用するファイルは /etc/aliases.db の為、転送設定の記述が済んだら、ファイルをデーターベース化する必要があります。

データーベース化したら、「 newaliases 」コマンドで、Postfixに反映させます。

自サーバーの設定

というわけで、自サーバーでは以下のように設定してみました。

mailzu_161124

webmaster1@ドメイン1 は、仕事用&重要度の高い連絡用に使用。
それに関連する追加メールが発生したら、aliasへユーザー名を追加して転送して使う。
重要度高いので、GmailISPメールへも転送して 受信通知コピー保存もする転送体系

webmaster2@ドメイン2 は、ブログ関連や通知だけは必要そうな転送体系。

log監視用は、vspだけに残し、通知もなし。
何かのサービス等に登録するときは、aliasにユーザーを追加してこちらに転送予定。

ポイント
複数ドメインで運用してますが、メールの設定で、バーチャルメールボックスを設定しなかったので実メール・alias 共に、実際はどちらのドメイン(@以下の部分)でも利用できちゃいます。
なので、ユーザー名はすべてにおいて重複が無いように名前付けが必要。

 

まとめ

メールアドレスを簡単に作れる状況と、転送設定も完成したので ちょっとやってみたいことが有ったりします。

色々なサービスで、メール・ID・パスワード で登録しますよね。
大抵は、メールアドレスは同じ

そのせいで、いつのまにかスパムメールが届くようになってて どのサービスからメールアドレスが漏れてるのか気になったりしませんか?

メールアドレスが無限に作れるので、今後 1サービス 1メールアドレス にしてみてどのサービスで情報流出が発生してるのか検証してみようと思ってます。
とはいえ、ゲームやネットサービス関連で100以上は余裕で登録してる状況。1つ1つメールアドレスを変更していくのは結構大変

余裕のあるとき、少しずつ作業して 危険なサービス一覧!みたいなのを作成してみたいと思います。

スポンサードリンク

広告

広告

-VPS関連
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

Google AdSense

どうせブログを書いていくなら、いずれは Google AdSense に登録して広告を貼り付けようと思うんだけど、調べてみると審査があったり、ルールがあったりと結構大変みたいね。 そして、一番の問題は …

wordpress-logo-001

WordPressで記事が表示されない状態に陥った話

4月15日の夕方頃から、WordPressが謎の動作不良になってしまい 6時間近く悪戦苦闘してました。 ひたすら、検索、検索、検索 しまくって、結局当てはまる解決策にたどり着けず 最後の手段でとってお …

no image

装飾したいけど、メールもね

きちんと動き始めると、今のブログデザインはシンプルすぎるので装飾と便利機能(twitterとかのボタン的な物)などを追加したくなる。(ちょっと背景色だけ付けて見た) この辺はやっぱり、ブログといえどH …

no image

メールサーバー

なにげなくログを見てみると、海外からメールサーバーにものすごい量のアタックが来てた。まだメールサーバーは設定が完了してないし、そもそも試用期間中だから送信できないんだけどねぇw けど、そろそろメール関 …

wordpress-logo-001

マルチサイト化したwordpressのファイルアップロード制限

今まで画像をアップロードする際に制限に掛かったことがなかったので気にしてなかったんだけど、ついさっき アップロード出来なかったので 制限を上げる事に。 検索して出てくるのは、レンタルサーバーの事ばかり …

検索

ランキング参加中

管理人のシルビアです。
広島県在住。
熱しやすく冷めやすい慎重派。
興味のある事はトコトン調べてから行動。始める前に冷める事も・・・